国名がまさに示すように「象牙海岸」で知られ経済面でも優等生と言われる西アフリカのコートジボアール(コートジボワール共和国)。面積は322,436平方キロメートル、人口が2,507万人(2018年)と言われ、首都をヤムスクロ(実質的な首都機能はアビジャンにあると言われています)。60以上の民族で構成され,東南部を中心とするアカン系のバウレ族,アニ族など,西南部を中心とするクル系のベテ族,ゲレ族,ティダ族など,北東部を中心とするボルタ系のセヌフォ族,クランゴ族,ロビ族など,北西部を中心とするマンデ系であるマレンケ族,ダン族など大きく分かれます。公用語はフランス語ですが、多民族国家ゆえの各民族語が存在します。2014年時点での存在する宗教としてキリスト教、イスラム教、伝統宗教,その他宗教わずかですが、無宗教が2割程度いることも事実と言われています。

次の投稿

石油収入が国民に届かないコンゴ共和国

月 3月 1 , 2021